ニキビ跡には、色素沈着タイプやクレータータイプなど、いくつかの種類があります。どれも肌表面ではなく内側で起こっている肌のダメージなのですが、治療するためにはどんな方法を使っても一朝一夕でスッキリ解消できないのが、ニキビ跡治療の特徴ですね。例えば、最もコストがかかるといわれている美容クリニックでレーザー治療を受けた場合には、レーザーを肌に照射することによって肌の内側の真皮層を刺激し、皮膚細胞の新陳代謝を活発にするわけですが、最終的にニキビ跡を治療してくれるのは新陳代謝によって内側から作られてくる肌細胞で、レーザーはそのきっかけづくりをするにすぎません。また、皮膚科に行って薬を処方してもらう場合には、薬を肌表面に塗ることによって有効成分を内側に浸透させ、それが色素沈着を作り出しているメラニン色素を分解したり、肌の新陳代謝を活性化する役割をしているわけです。どの方法を使っても、最終的にニキビ跡を治療してくれるのは、自分自身の肌が持っている自然治癒力と肌のターンオーバーなのです。

 

リプロスキンはスキンケア商品ですが、ニキビ跡治療にはとても有効な商品として人気があります。その理由は、リプロスキンに含まれている有効成分はすべてナノ化されていて、肌の内側まですっきりと浸透しながら肌の新陳代謝を活性化させてくれるという働きがあるためです。スキンケアでニキビ跡を治療するというと、時間がどのぐらいかかるのか不安になってしまう人は多いのですが、リプロスキンのように肌の内側まで浸透して新陳代謝を正常な状態へと戻してくれる作用が高いスキンケア商品なら、他の治療法と変わらないスピードでニキビ跡を解消できるでしょう。

 

どのような治療方法でも、ニキビ跡を解消するには時間がかかります。肌の表面に近い部分のニキビ跡なら数か月ぐらいで目立たなくなりますが、深い部分だと1年以上かかってしまうこともあります。しかし、毎日のお手入れを続けることによって少しずつでも確実に目立たなくできるので、根気よく続けたいですね。

 

Reproskin(リプロスキン)公式サイトはこちら!