ニキビ跡には色素沈着タイプやクレータータイプなどいくつかの種類がありますが、その中でも治療に時間がかかるといわれているのはクレータータイプのニキビ跡です。クレータータイプというのは肌の表面が凹凸になってしまっていて、普段のメイクではコンシーラーをしても隠すことができないという特徴があります。見た目がミカンの皮のようにブツブツになってしまうので、どんなにメイクでカバーしようとしても、なかなかうまくいかないため、クレータータイプのニキビ跡で悩んでいる女子はとてもたくさんいます。

 

こうしたクレータータイプのニキビ跡は、ニキビができた時に炎症が肌の内側まで進行してしまい、真皮層という深い部分までダメージを与えていることが原因です。新しい肌細胞を作り出す真皮層そのものがダメージを受けてしまうと、そこからは新しい肌細胞が作られなくなってしまうため、肌の表面がデコボコになってしまうのです。このタイプのニキビ跡を解消するためには、肌の内側からどんどん新陳代謝を活性化することで、肌自身が持っている治癒力を使うしか方法がありません。美容整形などで治療を受けても、レーザーを照射することによって肌の新陳代謝を促進するわけで、肌のターンオーバーが凹凸タイプのニキビ跡を治療するカギとなるのです。

 

リプロスキンは、肌の内側まで有効成分を浸透させてくれる化粧水です。薬ではなくスキンケア商品ですが、毎日のお手入れで使うと肌の内側まで有効成分が届いて肌質改善効果が期待できます。そして、肌のターンオーバーが正常な状態へと近づくので、それによって凹凸タイプのニキビ跡もスッキリ解消できるというわけですね。リプロスキンを使いながら、最短でニキビ跡治療をしたい場合には、毎日のお手入れでリプロスキンを使うことと、睡眠時間をたっぷり確保してあげる事がおすすめです。肌のターンオーバーによって少しずつニキビ跡が目立たなくなるはずですよ。

 

Reproskin(リプロスキン)公式サイトはこちら!